一般財団法人 経済調査会

ご挨拶

当会は、東京経済調査会として1946年に創立され、戦後の物価、生活費、賃金等に関する実態調査の結果を「経済調査報告書・物価版」にまとめ、情報を提供したのが始まりであります。

1951年6月にはそれまでの事業活動が経済安定本部(現・内閣府)に認められるところとなり、財団法人経済調査会へ改組され、1954年2月には「積算資料」を刊行し、事業の基礎が築かれました。

その後、1985年8月には、経済企画庁(現・内閣府)ならびに建設省(現・国土交通省)共管の公益法人として認可され、建設市場に関わる積算および資材調達のための実態調査を中心とした調査研究およびこれに基づく情報提供事業、普及啓発事業を通して社会貢献に努めてまいりました。

さらに、2012年6月1日には、公益法人制度改革に伴い「一般財団法人経済調査会」として、新しいスタートを切りました。

近年、公共工事の品質確保を促進することが強く求められ、資材価格等調査においても高い精度が要請されています。当会は、ISO9001の認証を取得するとともに、「価格調査評価監視委員会」および「価格審査委員会」において外部有識者に審査していただき、調査プロセスの透明性・客観性・妥当性の向上に努めております。

また、現下の状況として、社会基盤の効果的な維持管理をはじめ、働き方改革、生産性向上、DX(デジタルトランスフォーメーション)の取り組みが進められていますが、インフラ長寿命化や現場の週休二日制、ICTの活用等に伴う公共工事の適切な価格設定が重要であり、建設経済分野の新たなニーズにも的確に対応してまいります。

今後も国民から広く信頼される専門調査機関として、なお一層の顧客満足の向上を図るとともに、社会経済の発展に貢献していく所存でございます。

一般財団法人 経済調査会

理事長 森北 佳昭